買取相場

洗濯機の買取相場を徹底解説!高額買取を実現するちょっとしたコツも伝授!

日常生活に欠かせない生活家電のひとつと言えば、洗濯機です。おおまかに分けると縦型とドラム型があります。また機種により自動で洗剤を投入したり、乾燥機能があったり、AIと繋がっていたりと機能は日々進化をしています。

洗濯機は、日常生活に欠かせない生活家電であるので、人気機種によっては高く買い取られることもあるのです。今回は、洗濯機の買取相場を徹底解説し、高額買取を実現するコツを伝授します。

洗濯機買取の価格を決める要素

洗濯機買取の価格は、どのように査定をされるのでしょうか?ここでは、買取価格を決める要素3つを紹介します。

買取価格を決める3つのポイント
  • メーカー
  • 機能性
  • 使用感

【メーカー】誰もが知っている国産メーカーがよい

日立・Panasonic・東芝・シャープのドラム型洗濯機は、査定金額が高くなる可能性があります。家電量販店に行っても先述4社の商品が多く揃っているので、一般的に需要が高いメーカーであることがわかります。

尚、洗濯機には縦型とドラム型がありますが、高額買取が狙えるのは断然ドラム型です。ドラム型洗濯機のほうが、新品時の価格が高いので買取価格も高くなる傾向があります。

更にドラム型は近年そのデザイン性や機能性で人気が高く、特に日立のビッグドラムシリーズや東芝ZABOONのTWシリーズなどは、高額買取が狙える機種となります。

【機能性】流行りの機能が付いたものがよい

風呂給水ポンプ、高洗浄力、洗剤自動投入、スマホでの操作など流行りの機能がついているかもポイントです。家電製品は日々進化を遂げています。中古でも機能性がシンプルなものよりは、より高機能な機種が選ばれる傾向があります。

今の時代、消費者に求められる機能がついた洗濯機は、中古でも人気があるので、買取価格は高くなる可能性があります。

【使用感】見た目の綺麗さが重要且つ中身も大事

洗濯機は、見た目の綺麗さと洗濯槽内部の清潔さも査定のポイントとなります。洗濯機は肌に身に着けるものを洗う機械です。外見だけでなく、当然に内部の綺麗さや清潔さも、査定時の重点ポイントとなります。洗濯槽内部に汚れやカビがあると、まず買取業者の心象が悪くなります。

次に、メンテナンスにも手間が掛かります。したがって買取価格は下がってしまうのです。もちろん、外見の部分にも落ちない汚れがあったり、一部破損があると買取価格は下がります。見た目且つ内部も綺麗な状態であることが重要です。

洗濯機買取価格の料金相場

ここからは、代表的な機種の買取価格相場を紹介していきます。不用品としてリサイクルすれば費用が掛かりますが、買取で少しでもお金になればラッキーです。

日立ビッグドラムシリーズの買取相場

買取相場 : 15,000円~50,000円      

                       

買取事例

日立ドラム型洗濯乾燥機 ビッグドラム BD-V9800L

買取価格 40,000円

買い換えの為に不用となったので買取となった。2017年製造と新しく、付属品も揃っており、大変綺麗な状態であったので高額買取となりました。

Panasonic NAシリーズの買取相場

買取相場 : 27,000円~120,000円

              

買取事例

Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX9700L

買取価格 90,000円

人気のNAシリーズで大容量の11キロタイプです。2017年製造と新しく、大変綺麗な状態であったので高額での買取となりました。

東芝ZABOONのTWシリーズの買取相場

買取相場 : 18,000円~40,000円

買取事例

東芝 ドラム式洗濯機 TW-Z9000L

買取価格 35,000円

最新のTWシリーズのドラム式洗濯機です。人気の白色で大変綺麗な状態であったので高額買取となりました。

洗濯機を高く買い取ってもらうためのポイント

ここからは、洗濯機を高額で買い取って貰えるポイント3つを、紹介していきます。買取も工夫次第では、同じ機種で金額が変わってくることもあるのです。

需要がある時期を狙う

洗濯機は、一般的に容量が大きい機種が好まれますが、時期によっては需要が微妙に変わってきます。例えば、新入生新社会人の多くが新しい生活を始める春先に限っては、殆どが単身世帯であるので容量5㎏~7㎏の機種の需要が高まります。

したがって、先述の容量の洗濯機は需要が高まることで、この時期に限っては、普段よりも高く買取してもらえる可能性が高いのです。このように、需要が高まりそうな時期に、買取を依頼するのがよいのです。

製造5年以内のもの

古い機種は中古でも好まれません。製造年が新しいほどよいのです。高額買取を狙うには、製造5年以内の機種が理想です。5年以内の機種であれば、最新の洗濯機と比べて、機能性に遜色なく使用できるからです。更に、洗濯機のデザインも今風のお洒落なものになっているのがよいのです。

尚、製造10年以内であれば買取の対象になりますが、古い機種はあまり好れないので、年数が経過するほど買取価格は下がっていきます。

付属品を揃えておく

付属品は全て揃えておくことが必要です。つまり新品で購入した時に、ついていたものをそのまま揃えておくことです。付属品とは、例えば風呂水給水ホースや給水・排水ホース、水栓との接手他、取扱い説明書は最も大事です。

洗濯機買取時には、設置や使用に必要なものが揃っていたほうがよいですし、取扱い説明書は実際に購入者が使用する時にないと困るものです。洗濯機買取時には、本体のみならず付属品も重要なのです。

ちなみに使用頻度の低い付属品は、存在すら忘れてどこに置いたか不明にならないように、自身でわかる所に保管をしておくこともお勧めです。

洗濯機の高価買取のコツまとめ

洗濯機買取の場合、査定時のポイントとなるのは、国産主要メーカーで機能性の充実、使用感が感じられない見た目や内部の綺麗さとなります。また、高額買取を狙うには、洗濯機の需要が高い時期に買取を依頼し、製造年はできれば5年以内で、説明書などの付属品を完璧に揃えておくことです。

他に+αの要素として洗濯機の容量や人気の機種というのもあります。洗濯機の買取を依頼する際は、先述を参考に行ってみてはいかがでしょうか。