買取相場

ヒーターの買取相場を徹底解説!高額買取を実現するちょっとしたコツも伝授!

古くなってきたヒーターを売りたい、少しでも高くヒーターを買い取ってほしい、このようなお悩みを持つ人は多いでしょう。

この記事では、ヒーターの買取価格を決める要素や、少しでも高くヒーターを高く売るポイントを説明していきます。

普段から不要なものを売却して、新品の購入資金にしている筆者が、少しでも高く売るコツを紹介していくのでぜひ参考にしてください。

ヒーターの買取価格を決める要素

ヒーターの買取価格を決める要素は、以下の3つになります。

  • 【メーカー】有名なメーカーが良い
  • 【年式・型番】新しいほど良い
  • 【使用感】汚れや破損がないほど良い

それぞれ、理由を説明していくのでご覧ください。

【メーカー】有名なメーカーが良い

ヒーターは有名なメーカーほど買取価格が高くなります。なぜなら、有名なメーカーほど、機能性や品質が保証されているからです。

また、無名メーカーよりも有名メーカーのヒーターのほうが、売りに出したときに買い手が付きやすいことも影響しています。

知らないメーカーより知っているメーカーの方が買い手も安心して購入できるため、利益を得やすいのです。

【年式・型番】新しいほど良い

ヒーターは年式・型番が新しいほど買取価格は高くなる傾向にあります。新しいヒーターは、古いヒーターと比べて性能的に優れていることが買取価格が高くなることに影響しているのです。

また、性能だけでなく、新しいヒーターほど古いヒーターよりも節電効果が高いため買い手が付きやすくなっています。同じ状態の新しいヒーターと古いヒーターが並んでいた場合、新しいヒーターを選んでしまいたくなりますよね。

つまり、年式・型番が新しいほど売れやすいヒーターになるため、買取価格はなるということです。

【使用感】汚れや破損がないほど良い

ヒーターは汚れや破損が少なければ少ないほど買取価格が高くなります。同じメーカー、年式・型番のヒーターが選べる場合、できるだけ状態が良いものを購入したくなりますよね。

また、見えない部分の汚れなども買取時にはチェックされます。そのため、ヒーターを売るときは普段は確認しないような場所も汚れていないか調べてみましょう。

ヒーターの買取価格の料金相場

ここからは、ヒーターの買取価格の料金相場を紹介していきます。今回紹介するメーカーは以下の3つです。

  • 『デロンギ』のヒーター買取相場
  • 『山善』のヒーター買取相場
  • 『バルミューダ』のヒーター買取相場

それぞれの買取相場や買取実例を交えて説明していくので見ていきましょう。

『デロンギ』のヒーター買取相場

買取相場:8,000円~31,000円

買取実例

デロンギ マルチダイナミックヒーター Wi-Fiモデル MDH15WIFI-BK

買取価格 31,000円

中古のヒーターであっても、キレイな状態で検品しても問題がなかったため高額買取となりました。

『山善』のヒーター買取相場

買取相場:500~3,000円

買取実例

山善 温度センサー付 セラミックファンヒーターDHF-K12(B)

800円

山善のヒーターは低価格で販売されているため、買取価格も安くなってしまいます。

『バルミューダ』のヒーター買取相場

買取相場:10,000円~30,000円

買取実例

バルミューダ スマートヒーター ESH-1100UA-SW Wi-Fiモデル

18,400円

高性能なヒーターが状態も良く新品同様だったため高額買取となりました。

ヒーターを高く買取ってもらうためのポイント

ここからはヒーターを高く買取ってもらうために知っておいて欲しいポイントを3つ紹介していきます。

  • きれいに掃除して新品の状態に近づける
  • 3年以内に売却する
  • 付属品をすべて揃える

それぞれ詳しく説明していくので見ていきましょう。

きれいに掃除して新品の状態に近づける

ヒーターを査定してもらうときは、事前に掃除をしてできるだけきれいな状態にしましょう。新品の状態に近いほど高額買取してもらえるため、普段は掃除しない部分まできれいにしてください。

また、取れないキズなどがある場合は査定額が下がってしまうため、普段から大切に取り扱うことも意識しましょう。

3年以内に売却する

ヒーターは製造から3年以内に売却したほうが買取価格は高くなります。ヒーターは長く使えるものですが、3年経つと性能が遅れていたり、電気代が高いことがあります。

少しでもお得に新しいヒーターに買い換えるためにも、3年を目安に売却・購入を繰り返していきましょう。

付属品をすべて揃える

ヒーターを購入した時の付属品もすべて揃えると高額買取につながります。箱や説明書が残っているだけで高額買取につながるため、物置などに残していないか確認しておきましょう。

ヒーターの高価買取のコツまとめ

この記事ではヒーターの高価買取のコツを紹介してきました。ヒーターは最新の機種のほうが買取価格が高くなります。また、状態が良いほど高価買取につながるため、普段から大切に扱いましょう。

また、製造から3年以内だと高価買取につながるので、3年が経過したら売却し、新しいヒーターを購入し直すことをおすすめします。